Amira Zhogadu: dichotomy

南アフリカのアーティストAmira Zhogadu。
彼女が解体する、理想化された広告イメージとフェミニズムの類型。


C

W

J

M

T

U

南アフリカのアーティストAmira Zhogaduより、デジタルペインティングとコラージュが融合されたアートワークが届きました。どういったバックグラウンドを持っている方か分からないのですが、アートは独学で学んだそうです。この作品の元になったのは、女性をターゲットとした雑誌に掲載されている化粧品などの広告イメージ。彼女はフォトショップを用いてそれを解体し、異なる文脈に転換することを試みている、とのことです。

異なる意味合いや目的を作り出すために、どのようにこのヴィジュアル言語が解剖され、再ファッション化するのか。それだけでなく購入することである理想的な美しさへと女性を誘う、広告によるヴィジュアル言語をわたしは探求しようとしています。

広告は過去の数10年で奇妙な転換に見舞われました。多くの広告にはほとんど、内面化された異性愛規範性以降の家父長制的視線があります。そこでは一般的に受け入れられた理想の美しさと、女性らしさが、熱望されるなにかに、そして言うなれば「フェミニズム」の類型になってしまいます。私はこの記号現象とイメージに駆動される事実に興味をそそられました。