2016-Jul-0610 Shares

“音のグラフィティ” 都市との相互作用を探る、サウンドアーティストMatt Lewisについて

リアルタイムな話題がせわしなく続いたので、この辺でまた気になるアーティストを紹介したいと思います。ロンドンを拠点に活動しているサウンドアーティストで、その名をMatt Lewisといいます。彼は障害者や都市計画など社会問題に焦点を当てており、アクティビストとしての側面を持つのも特徴です。彼はミュージシャンでもあり、サウンドアーティストでもあるのですが、そのあたりちょっと体験構築型の作家とは一線を画している部分があると思います。またC&Rというサウンドアートをテーマにしたギャラリーの設立者でもあるみたいですね。

さて今回特に紹介したいと思っているのが、彼の「Audio Graffiti」という作品。彼はその作品を「オーディオ/ソニックグラフィティ」と呼んでいます。ようはグラフィティの音版と考えればわかりやすいかもしれません。彼は様々な公共の場所に、許可なしに安価なオーディオデバイスを設置します。おそらく通りがかった人たちはストリートで唐突なサウンドに出会うことになるのでしょう。彼が意図していることは、都市環境とサウンドの相互作用。資本によってデザインされた都市環境に異物を導入し、そのオルタナティブな可能性を検証することこそグラフィティの可能性の一つ。また同時にそれが、彼が音のグラフィティでやろうとしていることの価値なのだと思います。

1465723183701

1465723203478

1465724051113

その他にも興味深い作品がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

http://www.mattlewis.info/