プラハに拠点を置くカセットレーベル〈Genot Centre〉より、アウトサイダーハウスのスタイルをプレイするBryce Helmのアルバム「PERSONA」と360度ビデオがリリース。


Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

プラハに拠点を置くカセットレーベル〈Genot Centre〉より、Bryce Helmのアルバム「PERSONA」のリリースされました。そしてアルバム収録の「Gone」の360度ビデオが、MASSAGEにてプレミア公開。カセットは55本の限定リリースだそう。

Bryce Helmはサクラメント在住のアメリカ人。アウトサイダーハウスと呼ばれる抽象的なハウスとテクノをノイズミュージックに融合したようなスタイルの楽曲を発表してるアーティストです。

そのスタイルは非常に幅広く、都市の情報過多を表象するかのようにサンプルが折り重ねられたサウンドのレイヤーは、その高い密度にもかかわらずインダストリアルな重さを感じさせません。ノイジーで神経質症的なテクスチャーには、AIのような独特の人工的肌感があり、その全体にさまざまなスペクトルが折り重ねられた複雑な感情と、透明感のある張り詰めた空気を生み出しています。

360度ビデオはLOLLABのメンバーDVDJ NNS。以前紹介したHERBARIUM「РИЗОМА」のビデオの制作者。その映像は、アナログとデジタルのロジックを用いて、有機物と無機物の要素を組み合わせ、見るものをフィジカルからヴァーチャルの間を移動する夢のような旅に誘い込みます。