2016-Jun-2323 Shares

パープルームグループ展「パープルタウンにおいでよ」

美術家の梅津庸一が主催するパープルームによるグループ展「パープルタウンにおいでよ」が、来る7月10日より開催されます。パープルームとは美術を追求する私塾でありながら、切磋琢磨する共同生活の中から新しい美術を巻き起こそうとする運動体です。メンバーとゲストかならなる展示は去年開催された「パープルーム大学」がとても印象的でしたが、今回の開催場所は、いよいよ彼らが生活を共にする本拠地「パープルーム予備校」とその関連施設に場を移して開催されるそう。「パープルタウンにおいでよ」は、その「パープルーム予備校」が常に生活空間でありながら芸術空間でもあるということを直接見せる、そんな展示になるとのこと。高密度な空間でどのような展示が展開されるか、とても楽しみですね。

ちなみに、パープルームのインタビュー記事は本サイトで掲載予定です。

パープル13

出展作家 有馬かおる/大島智子/KOURYOU/坂本夏子/鋤柄ふくみ/im9/マグ/タカハシ’タカカーン’セイジ/原田裕規/だつお/リスカちゃん/福士千裕/マジカル商店/平山昌尚/百頭たけし/伊藤存
パープルーム予備校 安藤裕美/アラン/あま/智輝/梅津庸一

会期:2016年7月10日(日)~7月19日(火)  
開場時刻:12時~20時
会期中無休
会場:パープルーム予備校/パープルーム見晴らし小屋/ゼリー状のパープルーム容器
〒252-0216
神奈川県相模原市中央区清新3丁目13-19 インベストメント清新 303号室
ゼリー状のパープルーム容器
JR相模原から徒歩10分

※ゼリー状のパープルーム容器でパープルーム予備校、及びパープルーム見晴らし小屋へ行くための地図が配布されます。地図は表面が平山昌尚、裏面はパープルーム予備校による作図となっているそう。

作品は展覧会を成立させるためのパーツではない。風景画として「パープルタウン」はここにある。

この風景画を描いたのは誰か?それは他でもない「パープルーム」だ。
私たちが日々を暮らし「もの」、「こと」をつくることを冷静に眼差してくるヒトではない研ぎ澄まされた視線。

パープルタウンにおいでよ!(梅津庸一)

http://www.parplume.jp/tennji/tokusetu201606.html

諸芸術のタテモノたちが佇む聖なる廃墟-KOURYOU

IMGP4410

パープルタウン2

パープルタウン5

Archive