YOSHIMI - FRAGILE


HKEによってVaporwaveレーベルとして設立された〈Dream Catalogue〉はオーナーが交代し、人間とテクノロジーが融合する時代に向け、夢の中で目覚めている感覚をアートメディアとして提示していくレーベルとして再始動した。「FRAGILE」は、そんなレーベル再始動の2019年から、レーベルのレジデント・アーティストとなったYOSHIMIによる通算8枚目のアルバム。日本の歴史に横たわる幽幻的な想像力を多彩な質感の上に構成していくそのスタイルはそのままに、彼のルーツである映画やCMの音楽を手掛けてきたクラシカル、現代音楽、ミニマル・ミュージック、前衛など多様な音楽的背景が垣間見える作品。精巧に構築された音の空間を、不安を誘うように変転する音階が彷徨い続ける。弦楽器と打楽器、ノイズ、電子音響の精密な配置によって作り出される多様な次元を横断するその時間感覚は、まるで粒子の荒いヨーロッパの前衛映画を見ているかのよう。ひとつひとつの音の響きが、ラグジュアリーともいってよいようなスケールの豊かを持って緩やかに広がっていく。その暗い深さを持った音世界は、聴くものすべてを幻想の旅へと誘うだろう。

https://dreamcatalogue.com/store/product/yoshimi-fragile/

https://www.youtube.com/watch?v=SzZyA-Iyxqc

bonnounomukuro - My Pretty Pad


EP-4の佐藤薫がディレクターを務めるレーベル〈φonon〉より、神戸を拠点に活動するbonnounomukuroによる作品。これまでも〈birdFriend〉や〈ICERICE〉、〈New Masterpiece〉ほか、CDRによる自主リリースなど、数多くの作品を作り出してきた彼の作品のうち、本作にも家口成樹をサポートで2014年~2018年の間に制作されたて13時間以上もある楽曲からセレクトされたというCDアルバム作品。タイトルにもなっているように彼の愛機であるMPCにより、多種多様な音素材が細切れにされ、変調され、折り重ねられるように紡がれていく。ぶっきらぼうでありながら微かな叙情性をも漂わせた、濃密な時間が過ぎ去っていく。即興によってしか生み出し得ないカオティックなグルーブの豊かさに満ちた作品。

https://soundcloud.com/bonnounomukuro/frozen-chu-hi-block

toiret status - paper


山口県在住のトラックメイカーtoiret statusがライブ会場でのみ販売していたCD作品。ループするメロディがヴァラエティ豊かなリズムを刻む即興的なエネルギーを放つ「origami」、彩り豊かでな電子音響が弾むように自由自在に跳ね踊る「confetti」、切り刻まれた変調されたボーカルがダイナミックなビートの上で交錯する「tissue」、クラシカルなメロディが入り組んだ形を描きながら、乗り物酔いしそうなほど高配の激しいを描く「balloons」、振幅を刻むビートが描く複雑なリズムにソフトなタッチのメロディが絡み合う「airplane」など、音が前頭葉に直接インプットされているよう原始的快楽と、それが描き出す独自の色彩を持ったサイケデリックかつドリーミーな世界が描かれていく。複雑かつ抑揚に富んだリズミカルなビートがより全面に押し出された多様な表情を持つサウンドが、あらゆる制約から開放された喜びに満ちた彩り豊かな光景を描き出す。