UNKNOWN ME - BISHINTAI


やけのはら、P-RUFF、H.TAKAHASHIの作曲担当3人と、グラフィック・デザインおよび映像担当の大澤悠大によって構成される4人組アンビエント・ユニットによる、4作目であり、初めてのLP。LAの「Not Not Fun」からリリースされた。「美」「心」「体」と題された本アルバムは、心と体の未知の美しさを探求することをコンセプトに、ニューエイジやバレアリック、電子音響といったカテゴリーの多彩な要素を取り入れられたサウンドスケープ作品となっている。ニューエイジ的な瞑想性も単に宗教的な感覚に回収されるのではなく、今を生きる生活者の感性にピッタリとくる心地よい感覚に満ちている。ここではないどこかではなく、等身大で身近な世界に存在している未知。それがここでいう「心」と「体」が持つ未知の美なのかもしれない。同じ時代を生きていたら感じられる共感性を超えて、組み尽くせない新鮮さと、日常を更新してくれるような驚きの感覚が持続していく。そんな感覚を形にできる稀有なユニットである。食品まつりやジム・オルーク、MC.sirafu、中川理沙といった異才たちとのコラボレーション曲も収録。