haruru犬love dog天使 - Lonely EP


今年はあまりたくさんラップを聞かなかったのだけど、こちらはとくに心惹かれた一作。タイトル通り、自身の孤独な心境をストレートに歌った作品だが、その言葉にはかすかだが確かな存在感を持つ詩情が広がっている。リフレインされる少しだけユーモラスなワーディングや、率直な言葉で身近な日常を描き出していくそのスタイルは、どこまでもパーソナルであるが、だからこそリアル。そこにはどこか乾いた視点も感じ取れる。共感しやすいテーマへのギャップを強調するように浮かび上がらせる、平静な節回しが心地よい作品。