3 Dimentional Surface #1: Manuel Fernández

多様な活動を繰り広げるアーティストManuel Fernández。
彼が描くオンラインという僕らの時代の風景。


リアルとインターネットの境界が溶け出しつつある今、その境界の可能性を試すかのように、ネット上でさまざまな試みを行なうアーティストたちがいる。ネットを主な媒体として作品を制作するManuel Fernándezも、そんな作家の一人と言ってよいだろう。スペインのマドリッドを拠点に活動する彼の作品は、静止画、映像、ネットアート、キュレーション、ギャラリー運営まで多彩に広がる。その作風はグリッチやアニメーションGIFなど、インターネット上の流行を取り入れつつも、多様化するメディア環境の特性を露わにする批評性を備えている。

※本記事は、ネットで活動するアーティストの作品を3Dプリンターで実体化させるプロジェクト、DMM.makeに掲載の「3 Dimentional Surface #1: Manuel Fernández」の連動企画として、お届けします。DMMのテキストはこちら

BG Painting 001 UV Paint on canvas. 100x140x3 cm. 2013

あなたの経歴について簡単に教えて頂けますでしょうか?

独学でアーティストになるための勉強をして、1999年から新しいメディアとインターネットの分野で活動するようになった。

オンライン上の活動についてと、オフライン上の活動についてそれぞれ教えてください。

実際、オフラインとオンラインは区別していないね。自分にとってそれは同じ現実だよ。

作品の制作を始めたきっかけがありましたら教えてください。

インスピレーションの源はアート史、ポップカルチャーやインターネット。この分野に起きていることは、新しいアートを作り出せる可能性を持っていると思う。

Pigeon GIF, 500×400 px. 2013

Lamp GIF, 500×400 px. 2013

画像作品にGIFのフォーマットを使うのはなぜでしょうか? また、画像形式もクレジットしていますが、画像形式をマテリアルとして捉えているようにも思います。それに関しては、意識的にやっているのでしょうか?

ずいぶん前のことだけど、オンライン上の広告代理店で仕事をしていたとき、GIFを使い始めて、その時からフォーマットの可能性に惹かれるようになった。世代的にもとても近い感じがする。Tumblrみたいなソーシャルネットワークサイトの登場もあって、最近のGIFはマージナル環境からアート形式になってきたと思っているよ。

New Ruins. Google Earth Tour.

Google Earthを利用した作品や、ブラウザ上での彫刻作品に関してですが、これらはネット上で新しいスカルプチュアを作ろうという試みですね。ネット上におけるスカルプチュアの特性は何だと考えますか?

インターネットや3Dツールは、既存の彫刻の概念について再考させるものだと思っている。新たなツールやインターネット上での新たな実験は、まだ完全に定義されていないところにまで伝統的な概念を拡大させるだろう。

オンラインギャラリーCermaのための僕のキュレーション・プロジェクト「What we call sculpture」では、この問題に取り組んでる。この展示はインターネットにおけるデジタルツールを使用した彫刻の可能性や、オンライン媒体における展示の可能性に焦点を当てることで、インターネット上の彫刻の概念に関して議論することを提案したんだ。

ビデオゲームやインターネットの出現以来、実際の物質的な空間の概念は、コードや3Dソフトウェアで作られているバーチャル空間と共に存在している。スクリーンで見られるグラフィックは、ハードディスクのストレージのように物質的な空間を占めているだけではなく、シミュレートされた空間に対する企図、あるいは相互作用を通して、サイズ、素材やボリュームのような伝統的な彫刻の典型と同じような特徴をもったものとして知覚できる。

ニンテンドー64のマリオブラザーズからSocial Lifeのようなソーシャルネットワークや、Google Earthを通して現実の世界を感じるといった方法まで、3Dソフトウェアツールで作られているものは、我々の実物空間の理解や接し方などを大きく変えた。それは今の建築家が、設計に使ったAutoCadのバージョンを認識できるぐらい影響の強さがある。僕らが彫刻と名付けるものは、彫刻という手法、インスタレーションなどの作品だけど、そこには美学的な戦略をオンラインで発展させるためのデジタルな実験という意味がある。

インターネットやコンピュータ文化を作品に取り入れる理由は?その今後の可能性についてはどう考えていますか?

それは、ツールであり、僕らが生きている時代の自然な背景であると思う。それまでのツールやコンテキストには、僕らが今遊んでいるような、クリエイティヴな探求の可能性はなかった。もっと先を見て、実際にインターネット上で起こっていることに参加できれば、最もたくさんのチャンスがあると思っている。

Domain Galleryというオンラインギャラリーを運営されていますが、ご自身でそういった場所を運営しようと思った理由は何でしょうか? アーティストはどのように選定しているのでしょう?

新しい技術やインターネットを扱っている世代のアーティストに可能性を知ってほしくて、2年半ぐらい前にこのギャラリーを始めたんだ。彼らはこのメディアのためにほぼ独占的に作品を発表している。でも、伝統的な現代美術の世界にはまだ認知されてないね。どんなアーティストを選択するのかを決定するルールはなくて、自分が関心ある作品を選んでいる。このプロジェクトに関心を持ってくれるひとはたくさんいると思っているよ。

共感のできる、あるいは影響を受けたアーティストがいたら教えてください。

数え切れないけど、あげるとすると、Seth Price、Aram Bartholl、Cory Arcangel、Jon Rafman、Artie Vierkant、Constant Dullaart、Anthony Antonellis、Kim Asendorfなどかな。

アート以外で今興味を持っている物事がありましたら教えてください。

植物学とボディーボード。

installation_view_baja

Desktop Screenshot Painting Oil on canvas. 60×40 cm. 2012.

Manuel Fernández プロフィール 
1977年、Málaga生まれ。スペインのマドリッドを拠点に活動するアーティスト。彼の芸術的実践はアート、ポップカルチャーとインターネットとの交差する地点から始まる。社会におけるテクノロジーの影響と、それがどのように根底から知覚の方法と経験の現実を変化させたかについて探索している。ウェブ、絵画、アニメーションGIF 、彫刻、映像、写真や印刷などのメディアを通じて、インターネットの時代における、創造とアートの制作、流通、プレゼンテーション、リアルとバーチャル空間の同梱物などに関わる新たなプロセスを調査する。FernándezはNew Museum NYCのArtbase of Rhizomeでいくつかの作品を発表しており、The Museum of Moving Image(ニューヨーク)、Armory Show(ニューヨーク)、Art Basel(マイアミビーチ)、 ARCO(マドリッド)、The Photographers Gallery(ロンドン)など、アメリカ、欧州、アジアで展示を行っている。2013年にArtSlantが主催した「ERROR 415」賞の審査員の一人。2014年にはBeep / ARCO New Media Art Prizeを授与されている。また、Fernandezは、Webベースのギャラリー、デジタルとインターネットベースの作品に焦点を当てたDomain Galleryの創設者でキュレーターでもある。
http://www.manuelfernandez.name

Textile Goods

「MASSAGE 9」参加アーティストがテキスタイルをデザインした、
特別なアイテムを発売します。


Internet Fashion: Silvia Bianchi / Shallowww

インターネットの記号で遊ぶ、ファッションブランドShallowww。
彼女たちが生み出したファッションの新しいレイヤーとは。

Interview & Text: nukeme, Translation: Kato Mina

インターネット以後の感覚を洋服上で表現するいくつかの試みやムーブメントの中において、Shallowwwは象徴的な作品を発表している。インターネットそのものをテーマやモチーフとして用い、インターネットとファッションの両方の領域を拡張しながら、どちらの層も魅了し続けている。かねてよりTumblr上で散見してきたShallowwwの活動のバックグラウンドについて、メンバーの一人であるSilvia Bianchiにインタビューを行なった。Shallowwwの作品がインターネットとファッションの関係性を考える上で象徴的なのは、デザインの中で扱われているモチーフがインターネット上からサンプリングされたものである、ということだけではない。デジタルデータという非物質的なものを、洋服という物質の上に出力することで起こる誤変換を作品化し、デジタルデータと物質の性質の違いを露呈させていることにこそ象徴性がある。インターネット上の画像が元の意味を消失して拡散していくことと、ファッションにおける洋服のイメージが上辺だけで消費されていくことは暗喩でリンクしている。スウェットを基調としたベーシックなアイテム展開は、シーズン性を超えて着用可能なワードローブとして機能しており、これは一時の流行を追いかけ続けるファストファッションやトレンドそのものに対する皮肉のようにも思える。Shallowwwはその名の通りファッションの浅薄さを暴いているが、同時に可能性を提示してもいる。それはメディアとしての洋服の可能性であり、インターネット以降の世界において、言語に依存しないコミュニケーションツールとして、洋服やその画像がどのように機能し得るか、ということを含んでいる。

shallowww_2

まずは、メンバーのバックグラウンドについて聞かせてください。

Silvia Bianchi ShallowwwはBerta Muñoz、Ricardo Juárezと私(Silvia Bianchi)によるプロジェクト。私たちはそれぞれバックグラウンドはバラバラだけど、元々仲が良くてファッションに対する皮肉的な視線が共通していた。Bertaと私は、スタイリスト兼トレンドウォッチャーとして活動していて、ヴィジュアル撮影で何をやったらいいのか分からなくなっている時期もあった。もともとBertaは心理学、Ricardoはグラフィックデザイン、自分は記号学を学んでいて、ファッションは全員が独学。Ricardoとは他にも協同で2010年からBarriobajeroという実験的なクリエイティブ・コンサルタントも手掛けている。他のグラフィックデザイナーみたいに、自分たちの作品がプリントされて、着てもらえることを夢見ていた。それで、自然と力を合わせる結果になったのかもしれないね。

BarriobajeroやShallowwwを立ち上げた経緯を教えていただけますか?

Silvia BarriobajeroはShallowwwのプロジェクトの一環。私とRicardoは少しの間ストックホルムに住んでいたのだけど、当時、腕のいいファッションデザイナーたちとオフィスを共有していて、素敵なスタジオを借りていた。若い人たちが起業をして、生活のために自分たちのプロジェクトを進めていくのを見ていて、インスピレーションや新しい刺激を受ける毎日だった。

Shallowwwのブランドのコンセプトについて教えてください。

Silvia その名の通り【Shallowは英語で浅薄の意】、Shallowwwはインターネットの表層的なイコノグラフィー、その記号学、テキスチャー、パターンなどに影響されている。私たちの目標は美学2.0と、その周辺にあるデジタルの形象をテキスタイルに移し替えて、スクリーンプリントやデジタルプリントで表現をすること。リピートやグリッチが生成する不調和な雰囲気、その先にあるディストピアな世界、それは画像が元の意味をなくしてしまって、デジタルの辺獄で、ただ装飾のために残っているという状態。さらにブランド名は、人間の一番浅薄なレイヤー、私たちが洋服を着ることによって作り出されるレイヤーのことでもある。あと、Shallowwwのチームは3人で成り立ってるから、3つの「w」は3人の存在の意味も持っている。

Barriobajeroでは洋服以外にも、キュレーションや出版、アートディレクションなど多岐にわたる活動をしていますね。Shallowwwとはどのように名義を使い分けているのでしょうか?

Silvia BarriobajeroはShallowwwと同じ様な価値と美的感覚を持つのだけど、Shallowwwの本質は明らかに商業より。Shallowwwの衣服はトレンドの研究の結果であって、私たちはいつも革新性、流行と皮肉のバランスを追求している。Barriobajeroはリサーチ、サブカルの実践とカルチャーの促進に専念する実験的なクリエイティブコンサルタントで、商業的というよりはアートを志向している。

平面のデザイン(ウェブデザインとか、グラフィック、写真など)と、洋服のデザインとで、異なる点はなんでしょうか?

Silvia ファッションのアイテムはとても複雑で技術的、そして実用的な問題についても常に考えなきゃならない。でも、私はこういう問題を解決して行くのがとても好きだから、パソコンとスタジオを離れて、新しい生地やボタンなどを買いに行くことや、プロセスの最後に実際にモノを手に取ることができることがとても嬉しい。

 

IMG_0873

IMG_0521

「Internet Souvenir(インターネットのお土産)」というタイトルのコレクションで、大理石や水面のようなモチーフを使用していますが、こういったモチーフはTumblrのトレンドにもなりましたね。こうした特徴的なテキスチャーを用いたコレクションはどうして生まれたのですか?またタイトルでもある、「Internet Souvenir」という言葉にはどういった意味が込められているのでしょう? 

Silvia 「Internet Souvenir」はオンライン上でヴィジュアルの価値だけで人気になったヴィジュアルを用いて、その物質の価値が徐々になくなったり、現実世界から離れていく形を写し出すこと。こういった絵柄から生地を制作するのは、物質的実体をよみがえらせて、元の形に戻してあげる事だと考えている。例えば、大理石から彫刻が造られ、水が体を潤わすように。インターネットとヴィジュアル・フィードが「記憶」の仕組みをどのように変えたかについて表現するため、選んだ最初のイメージが大理石だった。大理石は彫刻や建築などに使われているものだけど、それをパターンに変えて、冷たさ、重さなどの物質としての価値を消して、ただのミームになってしまう様子を観察することは面白い経験だった。大理石のパターンを人間の体に巻き付けて、モデルをまるで彫刻の様に仕立てて、特徴のなくなった大理石で温かい洋服を作る、そんな挑戦だった。実は、「Internet Souvenir」は、私たちの前のコレクション「Meme Index」に少し似ていて、現代のパターンが記号のように機能すること、そして若い世代がヴィジュアルの普遍言語に代表されてしまっている様に感じることに焦点を合わせた。2つのコレクションは私たちの美的感覚のメカニズムがTumblrやInstagramのようなイメージ・フィードのネットワークによって、少ないバリエーションの繰り返しに影響されてしまっている事を反映している。

リピートやグリッチが生成する不調和な雰囲気、その先にあるディストピアな世界、それは画像が元の意味をなくしてしまって、デジタルの辺獄で、ただ装飾のために残っているという状態。さらにブランド名は、人間の一番浅薄なレイヤー、私たちが洋服を着ることによって作り出されるレイヤーのことでもある。

大学で記号学を学んでいたそうですが、作品に活かされていますね。そこで学んだことが、インターネット的な記号を服へ乗せるという発想へ繋がったのでしょうか?

Silvia そのとおり。オンラインのプラットフォームに晒されたシンボルやサインなどが消失してしまうこと、シニフィアンとシニフィエとの関係性がなくなって、ヴィジュアルの拡散と反復を通じて新しい感覚と新しいレイヤーが作られることに興味がある。

 

5fda0c05a3d00fe89c3b20a2dd439877ce16178a

IMG_0722

アラビア語をモチーフにした作品について。他にもTumblr上では、日本語やハングルなどをモチーフにした作品が流行しています。これは、アルファベットでの検索ではたどり着けないインターネット上の場所についての神秘性や、あるいは政治性についての暗喩のように思えますが、いかがでしょうか?

Silvia その通り。私たちはもう国々の境界線はないと考えていて、だからクローズドなアルファベットはいずれなくなると考えている。すべてがグローバルなスケールに代わりつつあり、記号や画像の新しい言語が生まれて、ローマ字はユニバーサルな言語ではなくなるだろうね。

ZARAにデザインをコピーされたことも話題になりましたが、それを知ったときどう思いましたか?

Silvia もちろんとても腹が立ったよ。裁判に持ち込んで戦おうとも思ったけど、やっぱり時間とお金の無駄だと思い直した。そんな訳で、これを機会に自分たちをプロモーションとして、オンラインでスパムすることにした。面白いことに、「Meme Index」のコレクションの一部だった彼らが真似たTシャツは、まさに画像やロゴが簡単にオンライン上でミームになってしまう事がコンセプトだった。私たちはそれから、彼らが真似たTシャツの画像を#copy #shallowwwなどとハッシュタグし続て、そうしたら一ヶ月でその商品の販売は取りやめになった。その時は「やった!」と思ったね。

Shallowwwで特徴的なのは、スウェットなどアイテムがシンプルなことだと思いますが、そうしたラインナップになっているのは意図があるのでしょうか?

Silvia 私たちはファッションの教育を受けていないから、基本的なアイテムから始めざるを得なかった。次のコレクションはもっと複雑にする予定だけど、バロックのグラフィックやパターンを、動きやすいラインと組み合わせるのが好きというのもある。

また一方で、寝具もラインアップに加わりましたね。ブランドとしては変則的なアイテムですが、どうして寝具だったのでしょう?

Silvia Shallowwwはクローズドなコレクションではなくて、オープン・テクスタイルのプロジェクトだから。新しいアイテムが年中リリースできて、さらにファッションが自由に組み合わせが出来るゲームのようになり、インテリア・雑貨、アウター、アンダーウェア、寝具など、液体の様に自由に、その境界線と遊びながら、新しいコンセプトのオープンソースファッションを提案したいと思っている。

YUNG LEANがMVでShallowwwを着ていますがどういった繋がりですか?シーパンク的なMVですが、同じくファッションの方も注目を浴びているシーパンクについてはどう考えていますか?

Silvia 彼のことは最初知らなかった。彼がストックホルムで一番の仕入れ業者からTシャツを買ってくれたみたいで、ミュージックビデオで着てくれたみたい。それから、彼のことを知るようになって、「Internet Souvenirs」のコレクション・リリースパーティーに招待して、披露してもらうことになった。それから、今は彼の「White Marble Tour」の衣装を作っている。シーパンクは大嫌い。でも、Yung LeanとSad Boysはシーパンクだとは思ってない。彼らの音楽はとても素晴らしいし、すごく頑張っている。

最新コレクション「2k15」は、消費文化に対する皮肉のようなメッセージを感じますが、そのコンセプトについて教えてもらえますか?

Silvia 「2k15」をコレクションのメインのテーマに使用した理由は、ファッションの退行について話題にしたかったから。大きな企業が2014年の冬物をリリースしている今、誰が一番新しいものを作れるかの競争になっていて、新しいものも2日で古くなる気がしてしまう。そんな中「2k15」と表示した大きなロゴを作って、プリントした。それからさらに面白く、積極的になれるようにと、2015年を期限に制作を進める事に決めた。「2年間、新しいコレクションはなし、新しいシーズンもなし。」それが私たちのテーマであり「特集」。私たちのブランドはインターネットのトレンドや、ニュースのタグ付けのブレインストーミングのように機能していて、各アイテムがそのどれか一つと対応している。#www #http #w3g #prism #jpeg2000。Shallowwwはファッション消費者のセルフパロディーであり、空虚でスポンサードされたメッセージを媒介する、身体を用いた皮肉めいた遊びでもある。

 

IMG_0119 IMG_0242

今回のコレクションに関連した本を発売するそうですが、どのような本なのでしょう?

Silvia イタリアの写真家、Bea De GiacomoとスタイリストのAnna Carraroとコラボレーションで制作したzine。私たちのコレクションと「WE BUY GOLD」の美学を新しく解釈した表現を依頼して、32ページの半分が金、もう半分がカラーの自費出版のzineを作った。長く続くシリーズの一作目になる事を祈っている。新しいフィールドに挑戦するのが大好きだから、ミラノのファッションウィークでの出版記念パーティーで、膨大なスケールの「WE BUY GOLD」ロゴ入りの洋服を作って、借りていた会場のショップを「WE BUY GOLD」のシップに改装してしまった。とてもかっこ良いものになったよ。

Shallowwwはマドリードが拠点ですが、スペインには取り扱っている店がないですね。スペインは新しいカルチャーを取り扱う店が少ないのですか?

Silvia 最初に始めた頃、Ricardoと私はストックホルム、Bertaはマドリードで、私たちが帰る時には、Bertaがいなくて、私はイタリアに通ってた。Shallowwwはオンライン上で、世界中に販売されるところから始まったけど、新しいコレクションを作る為に顔を合わせるようになっただけで、私たちが今マドリードにいるのはただの偶然。実は、私たちはフェイスブックのシークレットグループ、Skypeのチャットとコールやwhat’s appを使ってやり取りをしている。スペインは新しいカルチャーを取り入れないわけじゃないけど、マドリードは砂漠の真ん中にあるから情報が届くのが遅いのかもしれないね。

またマドリードでオススメの場所やカルチャー、注目すべき人物、動きなどがあれば教えてください。

Silvia La Casa Encendidaという素晴らしいアート施設とよく仕事をしている。それとMatadero Madridもとてもクール。マドリードには多くのアーティストが拠点をおいていて、今、私たちの新しいスタジオもEllen Gallenとシェアしている。ほかには、Manuel Fernandez、Emilio Gomariz、Claudia Matenなど。ファッションブランドだと、MoupiaとSHOOPかな。

どこの国に一番影響されていますか?

Silvia 私はイタリア人だから、もちろんテイストやスタイルはふるさとのイタリアに大いに影響されてる。でも、スウェーデンやスカンジナビアの美学からもたくさん勉強したよ。

好きなサイトがあればおしえてください。

https://soundcloud.com/
http://dismagazine.com/
http://novembremagazine.com/

今後の発表の予定などがあれば教えてください。

Silvia 最近Slugabedの新しいミックスをリリースしたばかりで、他にも多くのミュージシャンとのコラボも行なっている。

http://soundcloud.com/shallowww 
http://
facebook.com/shallowww

http://instagram.com/shallowww 
http://
vimeo.com/shallowww

Photo: Bea De Giacomo, Stylist: Anna Carraro, Model: Sidney Geubelle

TOKYO CULTUART by BEAMS Exhibition
“INTERNET CULTURE SHOP”

「MASSAGE 9」発刊を記念して、特集の世界観を店舗で表現した展示
「インターネット・カルチャーショップ」を開催。


無事、展示が終了いたしました。たくさんの方にご来場頂きありがとうございました!

カルチャーマガジン MASSAGE発刊を記念し、今回の特集である「インターネットカルチャー」に連動した展示を行います。テーマは「インターネット・カルチャーショップ」。 掲載アーティストとオリジナルテキスタイルを制作。それを用いたアイテムと、インターネット的表現をプロダクツ に昇華したブランドのアイテムの数々を販売します。

ARTIST: FERÉSTEC / JOE HAMILTON / SUBTRANÇA / FOURFIVEX / MANUEL FERNANDEZ / ENRICO BOCCIOLETTI ≈ SPCNVDR / JAMES HOWARD / FUKIN / BACON BRAND: SHALLOWWW / TIMEFLY / FABIEN MOUSSE / SHOOP CLOTHING / GLITCHAUS / COAT BY NUKEME AND UCNV / HIDEMASA MIYAKE AND NUKEME

TOKYO CULTUART by BEAMS 3F 3-24-7 Jingumae Shibuya-ku Tokyo 150-0001 Japan
http://www.beams.co.jp/shops/detail/tokyo-cultuart-by-beams?lang=ja