2017-Mar-1713 Shares

ローマに拠点を置くサイケバンド、Rainbow Islandの描くフューチャリスティックなノスタルジー。アルバム収録曲のコンセプトを表現したAwe IXによる360度動画が公開。

サイケデリックな異次元への旅。そんなウリ文句はよくあるものだけど、Rainbow Islandの特異な点は、その絶妙なバランス感覚。饒舌に物語を描き出すシンセサウンドに、原始的なドラミングが交信し合う。その終わりのない探求により持ち帰られたダビーで神秘的なサウンドには、メビウスが描くバンド・デシネにも似たフューチャリスティックなノスタルジーの魅力が詰まっています。

そんな彼らの最新アルバム「Crystal Smerluvio Riddims」に収録された「Jiāng」の瞑想的な世界観を引き立てるのは、〈Quantum Natives〉のメンバー、Awe IXの制作した360度動画。曲のコンセプトを表現するために、タイトルであるJiāng(長江)を題材に制作されたそう。実写にコンピュターグラフィックスが溶け出した走馬灯のような奇妙な光景が目の前へ流れ出し、聴くものをこのサウンドの持つ催眠的な世界へと誘い込みます。Awe IXの独自の映像コラージュはより洗練された完成度で、見たことのないような映像の世界を作り出しています。

スマートフォンなど360度動画視聴可能な環境でぜひチェックを。

https://flyingkidsrecords.bandcamp.com/album/crystal-smerluvio-riddims