アンダーグラウンド・カルチャーの価値とは。La Mano Friaとその10年。

アンダーグラウンド・カルチャーの価値ってなんだろう?そんな基本的な問いをあらためて口に出して言ってみたくなったのは、先日、UPLINKの展示のために訪れていたLa Mano Friaと久しぶりに会うことができたからでした。La Mano Friaの展示は、自身の10年の活動を振り返るもので、日本のガムテープを用いて、彼が生み出してきたロゴやグラフィックワークを再構成したコラージュ作品をメインとした…

Esprit 空想の新作アルバムをVRで体験する、オンライン視聴会が開催

本日、Esprit 空想の新作「200% Electronica」をみんなで聴く会をやるみたいです。 どうやら今夜、一日だけのために作られたアプリを用いて、VR体験ができる実験的なイベントみたいです。メールすると、100人だけアプリ(特定のスマホ、Samsung Galaxy s7といった機種で動作)が送られてきて、体験できるよう。 これでも見ながら開始を待ちましょうか…。 詳しくはこちら。 ht…

日本の作曲家YOSHIMIが〈PYRAMIDS〉より、「Japanese Ghosts II」をリリース。

Dream Catalogue〉の姉妹レーベル〈PYRAMIDS〉より、2016年にリリースされた「Japanese Ghosts」につづくYOSHIMIの2作目となるアルバムがリリース。 Japanese Ghosts II by Yoshimi シネマティックな音像の中に、見え隠れする乾いた叙情性。和楽器とエレクトロニックな音響は、そのノイジーなテクスチャーの中で溶け合い、新しさと古さを乗り…

Internet Yami-Ichi Brussels #2 インターネットヤミ市の夜@ブリュッセル

2012年からはじまった、インターネットをテーマにしたマーケット「インターネットヤミ市」。毎日のようにフェイクニュースや炎上が巻き起こるネットとは真逆に、ヤミ市はネットからインスパイアされた「おかしな」アイデアに満ちたアイテムがひしめく、あかるい?マーケットです。 今回旅行も兼ねて、2度めの開催となるブリュッセルのヤミ市に潜入。はじめての土地で荒んだ空気に若干ドキドキしながら開催場所のiMALに向…

〈Noumenal Loom〉より$egaとToiret Status、同郷二人のリリース。

前作からより進化と深みを増し、耳の奥を気持ちのよい混乱で解きほぐすToiret Statusの「Nyoi Plunger」。そして$egaによる、ボーカルサンプルをメインにしたサウンドコラージュの中に、どこかエキゾチックな響きが感じられる「想いで100景」。同郷ふたりの作品が相次いでリリースされた。Toiret Statusと$egaのユニット、toiret $egatusの作品も同レーベルよりリ…

DIS Magが次の展開を準備中。

気付いたらDIS Magのトップページが準備中に…。 Web1.0風のデザインで延々と活動してくのかと思っていました。サイトには、来年の1月からエンターテインメントと教育(エデュテイメント?)をテーマにした、映像プラットフォームとして生まれ変わるとのメッセージが。ちょっと寂しい気もしますが、新しくなったDISがどのような活動を行っていくのか、これからも注目していきたいと思います。

ASAKUSAにて開催中のグループ展「3DRIFTS」。ゲームというフォーマットが作り出す、現実と仮想のフィードバックループ。

ASAKUSAとFederica Buzziのキュレーションによるグループ展「3DRIFTS」は Serafín Álvarez、Lawrence Lek、ゲーム開発スタジオThe Chinese Roomの3者がゲームの技術を用いて制作した作品を展示する、現在開催中(2017.7.10-8.7)のグループ展です。 3つのインタラクティブ映像からなる展示は、3Dの空間の中を彷徨いながら探検し、さま…

個展「超・いま・ここ」で辿る谷口暁彦の制作の軌跡。出来事の関連が作り出す、予言的な何ものか。

CALM & PUNK GALLERYで開催中(2017年4月8日〜23日)の「超・いま・ここ」は、2007年のICCでの出展以来、谷口暁彦がこの10年間に作り出してきた作品を並べ、そこに共通する問題を浮かび上がらせるという展示。変化の激しいこの領域で10年というとかなり長期間に思えるが、それを一堂に会すことで作家自身の思考の変遷を感じられるとても興味深い内容になっている。 今回の展示で…

今度の主人公は世界に存在する「あらゆるもの」。David OReillyの新しいゲームは、その名も「Everything」。

CGを用いた詩的な映像を作り出すクリエイター、David OReilly。映画「Her」で架空のゲームを提供し世界から注目を浴びたことも記憶に新しい彼が、新作ゲームを本日公開しました。iOSでリリースされた前作「Mountain」は「山」を主人公にしたシミュレーションゲームでしたが、「Everything」はそのコンセプトをさらに進化させた、まったく新しい形のゲームです。 トレーラーを確認すると、…

靄がかった世界との合流点。オンライン視聴室EBM(T)のIssue: 015は、$3.33 / Celia Hollanderによる作品「MERGE LANE」。

オンライン視聴室EBM(T)のIssue: 015が公開された。今回フィーチャーされたのはCelia Hollander、別名$3.33という、ロスアンゼルスを拠点にレコーディングや作曲、サウンドインスタレーション、テキストなどを用いた幅広い活動を展開するアーティスト・作曲家。 サイトを訪れてまず目にするのは、写真がレイヤー状に薄く重なねられた映像的なコラージュ作品。そのイメージに関連すると思われ…

ローマに拠点を置くサイケバンド、Rainbow Islandの描くフューチャリスティックなノスタルジー。アルバム収録曲のコンセプトを表現したAwe IXによる360度動画が公開。

サイケデリックな異次元への旅。そんなウリ文句はよくあるものだけど、Rainbow Islandの特異な点は、その絶妙なバランス感覚。饒舌に物語を描き出すシンセサウンドに、原始的なドラミングが交信し合う。その終わりのない探求により持ち帰られたダビーで神秘的なサウンドには、メビウスが描くバンド・デシネにも似たフューチャリスティックなノスタルジーの魅力が詰まっています。 そんな彼らの最新アルバム「Cry…