突然の新作です。VaporwaveのオリジネーターVektroidが、3つの新作をドロップ


For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

突然の新作です。8月1日にSiddiqをフィーチャーした新しいアルバムの発売がアナウンスされていたVaporwaveのオリジネーターVektroidですが、先ほど新作が3つもドロップされました。ずいぶん急ですよね。突然でしかも大量。驚かせてくれますね。

Vektroid “RE•SET”

暗い深海をさまようような、実験的アンビエント。粒感のあるグリッチノイズは、ローファイなそれではなく、もやがかかったような幻想性を与えています。サイケデリックでありながら、ドリミーな世界観はそのまま。もはや振り返る過去はなく、未来へ向けて歩き出したというような傑作です。

Vektroid “Big Danger”

うってかわってこちらはサウンドコラージュ作品です。さまざまな音のテクスチャーが揺らめき、恍惚感あふれる光景へと没入を誘います。プランダーフォニックスを彷彿とさせる引き伸ばされ、寸断され、逆回しされた具体音。そこに持続音やノイズが結合され、独特の世界観が紡ぎ出されています。エクスペリメンタルな音響アンビエント作品。

Vektroid “Texture Maps”

こちらは2009から2013年にかけて作られた未発表音源集のようです。過去の作品とあってもっともVaporwave的なアプローチを感じることができます。Vaporwaveの真骨頂サンプリングそのままの曲やスクリューされたビート、グルーヴィなFuture funkサウンド、メランコリックかつロマンティックな世界観が展開されます。予定のない休日に、ベッドルームで一人静かに聴いてみたいそんな音源集です。

Vaporwave勢の中でもVektroidのサウンドは安定感が抜群で、その奥底から伸び上がるような落ちついた飛翔感は、むやみに騒がしい感じではなく、その奥底には瞑想的な雰囲気すら漂っています。Vektroidという人はやはり常に時代の先端の気分を作っている人で、ブレがないのが良いなあと思います。ぜひお気に入りの作品を見つけてみてくださいね。