hardvapourを標榜するウクライナ発のレーベル、〈H.V.R.F. CENTRAL COMMAND〉よりハローウィンにちなんだコンピレーションがリリース。


Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

久しぶりにhardvapour関係の記事です。ウクライナ発のレーベル、〈H.V.R.F. CENTRAL COMMAND〉よりハローウィンにちなんだコンピレーションが届きました。hardvapourというと〈ANTIFUR〉というレーベルが目立っていますが、こちらもウクライナ発。ちょっと想像できないですが、ウクライナのシーンってどんなことになっているのでしょうか。

hardvapourというと僕なりの理解では、Vapourwaveの暗い部分を推し進めたようなジャンルというイメージ。フィリップ・K・ディックの描くようなサイバーパンク、汚れた空気が汚染する未来都市の倦怠と憂鬱を想像します。こういうサウンドがVapourwaveの系統に由来するということには若干違和感を覚えるのですが、北の果ての大地でまったく異なる創造性を獲得したのかもしれません。まったく今風ではないこのジャケットデザインといい謎が多い。ある種のギークぽさも感じます。そのあたりは姿勢として共通している部分も感じますが…。

そのhardvapourを標榜するレーベルが、ハローウィンというテーマというのはまさにという感じです。全体的にホラー感に貫かれていますが、実際のところかなり幅広い。49曲というボリュームに加え、アーティストのセレクトが興味深いです。

なにかと巷を騒がせているVapourwaveのアーティストPZAや、先日レーベル〈Hausu Mountain〉のインタビューで紹介したLockbox、日本からは Constellation Botsuなどの名前も挙がっています。ラップなんかも入っていたりと縦横無尽に横断していく感性には自由さを感じますし、なんだか共感するところもあります。

Name Your Priceで49曲とは、かなりお得な一枚ではないでしょうか。