Alex GrayのD/P/I(DJ Purple Image)としての最後の作品「Composer」のリリースが発表。


For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Alex GrayことD/P/I(DJ Purple Image)の新作リリースが発表されました。信じがたい話ですが、D/P/Iとしての活動はこれで終了になるようです。

Alex Grayの脱構築された美しいエレクトロミュージックは、オンラインアンダーグラウンドのシーンに新しい時代の到来を告げる美学を打ち立てました。崩壊してゆく繊細で、ダイナミックなストラクチャーとテクスチャー、抽象的で現代的な音色。無限にも思える豊かな語彙を備えたリズムのパターンは、破滅ギリギリの自然さを保ち、不安定な構造物を作り出しています。重力から解放されたそのパターンは、触れたら壊れてしまいそうなほど繊細で、だからこそ非物質的な軽やかさを備えていました。

彼の音楽は宇宙からやってきた新しい言語のように謎めいていました。だからこそ、聴くたびにいつも新鮮な興奮と、驚きを与えてくれたのだと思います。それは音楽というより、新しい時間芸術だったと言ったらいいすぎでしょうか。

LAで活動するAlex Grayは、自身のソロプロジェクトのD/P/Iのほか、バンドSun ArawやDuppy Gun collectiveのメンバーとして、またR&B/ヒップホップの名義Heat Waveや、アンビエント/ドローン名義のDeep Magic、JUKE/リディムの新名義Genesis Hullなど、現代の最先端の領域を丸ごと飲み込むような多彩な活動を行ってきました。去年は6つものヴァリエーションのあるアルバムを2GBのUSBドライブでリリースしたり、また日本ツアーも敢行しました。

彼の本職はデザイナーのようで、写真と独特のタイポグラフィで飾られたカバーワークがその音楽性にとてもマッチしていて、これまでに見たことのない空間の使い方がとても印象的だった記憶があります。

オンラインアンダーグラウンドのジャングルのようなカオスの中で、言葉にし尽くせないほどの強い輝きを放っていたAlex Gray。D/P/I名義での今後の新作はないのかもしれませんが、必ず何か別の形で新しい作品を聴かせてもらえるに違いない、と信じています。

新作「Composer」はShelter Pressより、ヴァイナルとCDにて9/9に発売予定。以下は収録曲「Pattern/WAYTA?」です。

D/P/I “Pattern/WAYTA?”

http://shelter-press.org/shop/

SP074_PR_PIC