2016-Apr-1924 Shares 

Insta Wave: michel_e_b

917468_171767726516695_1722225028_n

セルフィー、ディナーの一皿、猫の画像。少しだけ特別な日々の出来事。それはパーソナルな価値を持つ日常の一コマだ。不特定多数の人々に共有され、ライクされ、瞬間ごとに人々の関心や、共感を獲得する。ときにはミームとなって、もとの文脈から切り離され、新しい生命のように自分の命を持続させていく。こうした新しい環境は、著作性を背負って生きるアーティストにとって過酷なものに違いない。インスタグラム上で活動するmichel_e_bは、そうした環境と格闘しながら、やはりその環境を原動力として作品を作り出す作家といえる。その作品は、鏡という古典的でシンプルなアイデアを追求したものだが、その写真によるスケッチともいえる作品群には、溢れ出る創造性の豊さを感じることができる。そんな彼女の作品作りのアイデアの源とは。そのバックグラウンドから、制作の考え方などについて聞いた。

あなたのバックグラウンドについて教えてもらえますか?
カルフォルニア州サンタクララで生まれて、幼稚園から高校までカトリックの学校に通った。カトリックの女子高に通って、色々学びすぎたせいで非有神論者になったの。高校を卒業してからしばらく短大に行きながら、ずっと働いてた。そしてついに、カリフォルニア大学サンディエゴ校の予防医学プログラムに編入した。でも、だんだんアーティストと、医者の両方になりたいって思うようになった。心理的に矛盾した話だけど。とうとう専攻を変えて、マーケティングとコミュニケーションを勉強し始めた。私にとってそれはとてもよい選択だった。私の中の創造性を育ててくれたから、教育にはとても感謝している。そしてついに、ものづくりに真剣に向き合うことにした。これは自分自身への挑戦。そして、今までの自分への最高のご褒美でもある。

Instagram上での作品発表はいつから行っていますか? 鏡の作品を作るきっかけやエピソードのようなものがありましたら、教えてください。
Instagramは2012年から使ってる。気軽にポストできるからなんだけど、写真を撮り始めた頃から、真剣に投稿しはじめた。映画監督が鏡を使って、映画でいろんなビジュアルの表現をしていることに気がついて、望遠鏡が好きになって。それから、鏡のエンドレスな可能性を探し始めた。鏡を外に持ち出して、扉やパラレルワールドを感じながら作品を作りたくなったの。シングルフレームで色々な景色を見せてくれるところや、世界中にあるエンドレスな景色を見せてくれてるようなところが好き。

924603_410989465775653_935992049_n

映画監督が鏡を使って、映画でいろんなビジュアルの表現をしていることに気がついて、望遠鏡が好きになって。それから、鏡のエンドレスな可能性を探し始めた。鏡を外に持ち出して、扉やパラレルワールドを感じながら作品を作りたくなったの。

あなたのInstagramはセルフィーの延長なのでしょうか? あるいは最初から作品制作という意識を持って作られたものなのでしょうか?
セルフィーだって考えたことはない。でも作品は自分を撮った写真だから、セルフィーとも考えられるわね。自分の写真はアートやクリエイティブアートと呼んでいないんだけど、誰かが私の作品を「アート」と呼んでくれたら光栄に思うわ。私はシェアしたいアイデアがいっぱいあるし、それをイメージ化しようとしている。私のゴールは、エキサイトな見た目で自分たちでしゃべりだすビジュアルを作ることなの。

11856612_1010346625662322_1554864855_n

Instagram上で作品を発表するのはなぜですか? Instagramの特性として、どのような点が気に入っていますか?
Instagramは、現実の世界では会ったことがない人と繋がれるから、私にとってすごくいいツール。シリコンバレーで生まれて成長を続けているけど、アートにはあまり使われていないみたいね。 私の写真を見た人たちが、Instagramの機能を使ってリアクションしてくれるところや、簡単にシェアしてくれるところも好き。

作品制作のインスピレーションの源は何でしょうか?
インスピレーションはいろんな場所で見つけられる。時々、ラッキーなことにアイデアが私のところにやってくるの。私は音楽(プリンス)やたくさんの映画からインスパイアされている。色や自然からも。体や宇宙からもインスパイアされている。私は自分たちの体を小さな宇宙だと思ってる。私の猫は、想像なんだけど、自分の性格を持っている。私たちと同じように、自分の世界を持っているの。自分の2つの目だけでなく、いろんな視点で世界をみようとすることがインスパイアの源ね。 

12105248_1133894533306245_2012740422_n

SNSなどのオンラインの環境はあなたの作品にどのように影響を与えていると思いますか?
自分の作品をオンラインでシェアすることは、いいことも悪いこともある。SNS経由でシェアしてくれることは、単にウェブサイトで公開しているよりも、作品をたくさんの人に見てもらえる。だけどそれは、クレジットなしで私の写真が取られてしまうことにもなる。私の猫は、今まさにミームとして使われている。InstagramやTumblrは、人々にクレジットなしでイメージをフリーでシェアしてもいいんだって考えを与えてしまう。誰がつくったかわからなかったら、クリエーターには何の助けにもならない。だけど、写真をシェアされて嬉しいって妙な話よね。

12407247_501004070081567_381080487_n

制作はどのような時に行っていますか? 比較的高い頻度のような気がしますが、もし自分なりのペースがありましたら教えてください。
私のポストが多いって聞いて嬉しい。だって、私の友達がポストをもっと増やせって言うんですもの! 毎日写真を撮ろうとしているけど、実際には無理。作品を夜に作りたいっていう思いがあるんだけど、実際は写真家ならすぐ反対するくらい難しいこと。いつでももっと写真が撮れるように、最近ではいいライトを使うようにしてる。

今後Instagram上以外で作品を発表したり、鏡の作品以外の作品は制作するつもりはありますか?
ええ。最近は印刷物やウェブサイトを作っているところなの。鏡を使うことは、考えも付かなかったような色んな使い方ができる。だから、その方法を見つけて体験してみたいと思っていて。もちろん、鏡なしの写真も撮っているし、将来そこで見つけたいろんな方法を使ってみようと思ってる。

michel_e_b
https://www.instagram.com/michel_e_b/
カリフォルニア在住。アーティストと医者を目指しながら、インスタグラム上で作品を発表する活動を続けている。