Vaporwave界の中心人物Luxury Eliteも参加。vaporwave.ioがライブストリーミングを公開中。

Vaporwave界の中心人物Luxury Eliteがプレイしていて知ったのですが、昨夜からvaporwave.ioというサイトでライブストリーミングチャットが行われているようです。彼らはそのネット上の会合をブロックパーティと呼んでいるようです。今もまだやっていますね。(現在は終了)

https://vaporwave.io

VaporwaveのライブチャットといえばSPF420が有名です。最近はあまり話題に上らなくなりましたが実はちょいちょい開催されていて、最近では4月に行われていました。

http://www.spf420.com

チャットのアプリを使ってログインしないと見られなかったSPF420にくらべてvaporwave.ioはなんだか洗練されている感じです。musiqpadというウェブアプリのようなものを使っているみたいですね。

実は何かちょっと掲示板上でもめたみたいで、たぶんですがそこからBanされた人か誰かが立ち上げた新しいサイトもできていました。vaporwave.ioの主催とは別な人物のようです。こっちはvaporwave.onlineとなっていてとても紛らわしいです(笑)。

http://vaporwave.online

Vaporwaveに関してはこちらの掲示板で活発に情報交換がなされています。たまに調べ物をするときなんかに僕も見に行きます。

https://www.reddit.com/r/Vaporwave/

こうして今までいろいろ見てきてわかったことは、Vaporwaveはインタネーットのコミュニティから生まれた音楽だということ。そして「チャット」という行為を軸にしていることからも分かる通り、それ自体がネットを介した新しいコミュニケーションの手段だったということです。Vaporwaveとは草の根から生まれた新しいEmojiのようなものだったのかもしれませんね。

スクリーンショット 2016-07-05 8.51.49

続きを読む

arcaの新作「Entrañas」がフリーDLで公開。より進化した生命的マテリアルが奏でる不協和音

続きを読む

EBM(T)がSAM KIDELの作品を公開。Googleデータセンターでの「ライブパフォーマンス」

EBM(T)とはNile KoettingとNozomu Matsumotoの二人が主宰するオンライン上のバーチャル聴覚室です。東京都現代美術館で行われた展示「東京アートミーティングⅥ “TOKYO”−見えない都市を見せる」で最年少キュレーターに二人が選ばれていたのも記憶に新しいですね。そのEBM(T)のISSUE:014が公開されたので、紹介したいと思います。

今回のISSUEで取り上げられているアーティストはブリストルで活動するSAM KIDEL。Young EchoやKilling Soundの一員として、またEl KidやSUPERMARKET!など複数名義でダブ&テクノ的な作品をリリースしてきました。最近の作品では、〈The Death Of Rave〉からリリースされた作品「Disruptive Muzak」があります。こちらはいろいろなオフィスに電話をかけて自作のMuzak(公共の空間で流されるようなBGM的音楽、別名エレベーターミュージック)を流し、そのオペレーターの反応を録音したものなどから構成されるというものすごい作品。

そして今回の作品はGoogleデータセンターの画像からインスピレーションを受け、そこからアルゴリズム的に生成されたリズムやメロディを用い、またセンターの空間の反響をその設計図からシミュレーションするといった試みを行っているようです。作品制作の姿勢がものすごくコンセプチュアルなアーティストのようですね。

この「ライブパフォーマンス」はEBM(T)のサイトから9月4日まで視聴できるそうなので、気になった方はお早めに!

http://ebm-t.org/

CmiDm2dXYAEsoqO

続きを読む

過去から来た完璧なる夢の音楽。SunPath「Dream Music」

続きを読む

レコードレーベル〈The Astral Plane〉がアルゴリズム作曲家Renick BellのミックスをフリーDLにて発表。

続きを読む

軍事化した人工知能の危険性をテーマにした360度映像シリーズ。Michael Green & Jónó Mí Ló 「C V B 3 R W A R」

続きを読む

光とサウンドを放つ兵器。ロシアのアーティストvtolが作り出すデバイスアート。

続きを読む